Found In The Margins - Favourites of Favourites
読書の習慣を身につけることをまとめたサイトです。先進国ほど読書時間が多いというランキングにも触れています。
  • HOME

70歳の古希に贈りたい古希祝い

今の日本では長寿社会が進行しており、多くの人が平均的には80歳以上まで生きることができるようになっています。これはとても喜ばしいことであり、日本の文化の中ではそれを祝うという風習があるのです。これは60歳の還暦のお祝いに始まり、その後に70歳の古希、77歳の喜寿、そして88歳の米寿といったように続いていきます。家族や親せきなどがその長寿のお祝いをすることになるのですが、日ごろの感謝の気持ちと今後ますます健康に長生きできるように願うのです。

中でも70歳の古希祝いには、紫色のものを贈るといいといわれています。これは古希のシンボルカラーであって、濃い紫から薄いものまで、その人に合ったものを選んでいくといいでしょう。洋服などのほかにもスカーフや財布、バッグなどの小物もいいでしょう。年相応の装いで、とても素敵なおしゃれをすることができるものです。

また、ほかにもいろいろな候補があります。例えば、お祝いといえばお酒でも良いですし、カタログギフトのような自分で好きな物を選ぶことができるような贈り物もいいでしょう。思い出を作るためには、旅行や食事、写真撮影などもいいものです。旅行では経済的に余裕があるのなら、海外旅行もいいでしょうし、近場で家族などと一緒に楽しむのなら、温泉旅行などもいいでしょう。70歳といってもまだまだ元気であり、いろいろなところに行って楽しむこともできるものです。この機会に旅行で思い出を作るというのもいいでしょう。

また、写真館などで子供や孫などの家族と写真を撮るというのもその時の一枚を残すことができるのでいいでしょう。事前に予約をしておくようにします。 食事に関しては、本人の嗜好も考慮して、どのような料理がいいのかを検討しておきます。家でお祝いの会を開くのもいいでしょうし、外食でお店を予約してみるというのもいいでしょう。 このように、古希祝いというのはいろいろな方法で行うことができるものです。ですから、よく考えてお祝いをするといいでしょう。因みに名入れ日本酒も人気の贈り物の一つですよ。

Copyright (C) 2014 Found In The Margins - Favourites of Favourites All Rights Reserved.

Page Top